(無料配布中)Twitterまとめサイトが簡単に作れるWordPressテーマを作成しました

(注意点あり)キーワードスカウターSTが2018年でも使えるツールか検証してみた

キーワードスカウターST

今回は、キーワード取得ツール「キーワードスカウターST」のレビューをしていきたいと思います。

キーワードスカウターSTとは?

キーワードスカウターSTとは、キーワードを入力するだけで、
関連キーワードを取得し、キーワードごと様々なデータを得ることができるツールです。

販売会社は、Catch the Webという会社で、Pandra2などの定評のあるツールを多く開発しています。元々「キーワードスカウターS」として販売されていましたが、アップデートを経て現在は「ST」になっています。
(「キーワードスカウターS」で紹介しているサイトは、情報が古くなっている可能性があるので注意してください。)

キーワードスカウターSTの特徴

関連キーワード抽出機能

対策したいキーワードを入力することで、そこから関連するキーワードを抽出することができます。

3、4語からなるロングテールキーワードも沢山出てくるので、自分では見つけられないような複合キーワードを探すことができます。

トレンド分析機能

キーワードスカウターSTを使えば、
最新のトレンドに関するキーワードを簡単に抽出することができます。

これにより、簡単にトレンドアフィリエイトを行うことができるので、この機能かなり便利です。

キーワード解析機能

抽出した関連キーワードやトレンドキーワードから、詳細なデータを得ることができます。

一部を紹介すると、

  • キーワードが一部含まれているサイトの数(inTitle)
  • キーワードのすべての単語が含まれているサイトの数(allinTitle)
  • 上位含有ワード
  • 上位サイトのタイトル
  • 上位サイトの被リンクなどのドメイン情報
  • YouTube内でのヒット件数

などの情報が取得できます。

キーワード選定の重要性

アフィリエイトにおいてキーワード選定は、最も重要なポイントだと言えます。

「キーワード選定をやっていれば必ず稼げる」

というわけではないですが、

稼ぐアフィリエイターは必ずキーワード選定を行っている

と言っていいでしょう。

キーワードスカウターSTでは、記事づくりで欠かせない狙い目のキーワードを簡単に探すことができます。

例えば、僕のサイトを例に挙げると、僕のある記事は「まとめサイト 作り方」で上位表示されていますが、
これを「まとめサイト 作成」でキーワードスカウターSTで調査してみると、一気に競合が多くなっているのが分かりました。

この時は特に意識せずタイトルを決めたのですが、「作り方」の部分を「作成」にしていたら、せっかく多くのアクセスが得られる記事を台無しにするところでした……汗

お恥ずかしいことに、この時はたまたま、タイトルに狙い目のキーワードを入れることができただけで、偶然上位表示されただけでした。

これを知ってから、キーワード選定をしっかり行わないことの恐ろしさを実感するようになりましたね……。

同時に、キーワード選定をしっかりすれば、上位表示させるのは圧倒的に簡単になるということです。

今回のような「たまたま上位表示された」を、「戦略的に上位表示させる」に変えられるのが、キーワードスカウターSTです。

キーワードスカウターSTの使い方

では、実際にキーワードスカウターSTの簡単な使い方を紹介していきましょう。
まずはキーワードスカウターSTを起動します。

関連キーワードを抽出するには、「関連or直接」を押します。
関連or直接

調べたいキーワードを入力します。

今回は、「トレンドアフィリエイト」というキーワードについて調査したいと思います。

キーワード関連ピックアップ
キーワード拡張ピックアップで、関連キーワードを抽出します。

関連キーワード抽出
このように、関連キーワードを抽出することができました。
これらのキーワードを、詳しく解析することが可能です。

キーワード解析後

調査したい項目にチェックを入れて、開始します。

 

このように、キーワードの詳細なデータを得ることができました。

ここから、intitle(キーワードの一部の単語がタイトルに含まれている)に比べてallintitle(キーワードのすべての単語がタイトルに含まれている)の比率が少ないキーワードを探すと、競合の少ない狙い目のキーワードを見つけることができます。

これがどういう事かと言うと、
intitleが多いというのは、それだけ稼げるキーワードのため、多くのサイトが記事にしていると考えられ、
その中でallintitleが少ないということが、その複合キーワードはあまり対策がされていない、狙い目のキーワードである可能性が高いということです。

さらに、それ以外にもキーワードに関する様々な情報を調べることができます。

ランキング解析


ここで、キーワードに対する上位表示サイトのドメインの強さや、タイトルにキーワードがすべて含まれているかを知ることができます。上位表示されているのが、企業のサイトや、大手のメディアサイトばかりの場合は、そのキーワードを避けるなどの対策ができます。

また、上位表示されているサイトが特定のキーワードが完全一致でタイトルに入っているサイトにはintitleに「○」がついているので、この「○」が少ないキーワードは、余り対策がされてないキーワードの可能性が高いです。

上位含有ワード


ここでは、上位表示されているサイトに含まれている単語をピックアップすることができます。

これは、記事を書くときにどのような単語を入れればいいのかを知ることができます。

例えば、「トレンド アフィリエイト ブログ 例」というキーワードは、
「参考サイト」「見本」などが上位サイトの含有キーワードになっています。

僕はこのキーワードからは、トレンドアフィリエイトブログの作り方を例として挙げるような記事をイメージしていましたが、トレンドアフィリエイトの参考になるサイトを紹介している記事が上位表示されていることが分かりました。

今回試しにこのキーワードを抽出してみたのですが、「トレンドアフィリエイトの参考になるサイトを紹介する」という切り口を新たに発見することができました。

このようにキーワードスカウターSTを使うことで、単に狙い目のキーワードを探すだけでなく、アクセスにつながなるサイトのテーマ、つまり記事のネタを知ることもできるのです。

実際に僕もサイトの記事を書く上で必ずキーワードスカウターSTを使っています。
特に、上位表示されているサイトにキーワードが含まれているかどうかを知ることができたり、サイト自体のドメインの強さを知ることができるのがめちゃくちゃ助かっています。

これらのチェックを自分でやろうと思ったら、まずキーワードの関連ワードを調べ、
それを一つづつ検索にかけて、そこからすべての記事をチェックする必要があるので、正直やってられないですよね……

キーワードスカウターSTを使えばかなり無駄な時間を短縮できますし、
特にキーワード選定のやり方自体をよくわかっていない人にはぜひ使ってほしいツールです。

キーワードスカウターSTの良くない点

では反対に、僕がキーワードスカウターSTを使っててイマイチだと思う点も挙げたいと思います。

検索ボリュームの取得方法がイマイチ

検索ボリュームを取得する方法としてヤフーのキーワードアドバイスツールを利用するのですが、
このツールは検索ボリュームが一定以上でないとデータを取得することができません。

キーワードアドバイスツール

なので、僕はgoogleのキーワードプランナーを利用して大まかな検索ボリュームを取得しています。
キーワードプランナーの使用方法はツールの特典として付属しているのですが、
これも今現在の仕様が変わったキーワードプランナーに対応しておらず、
検索ボリュームを調べるのに少し手間取ってしまうかもしれません。

データの取得に時間がかかる

キーワードスカウターSTは、様々な関連キーワードやサイト情報などを取得することができますが、大量のデーターを取得しようとすると、どうしても時間がかかってしまいます。

効率よくキーワードを抽出するためには、多少工夫が必要です。

windowsでしか動作しない

キーワードスカウターSTは、Windowsでのみ動作するので、残念ながらMacユーザーは使用することができません。

キーワードスカウターSTの総評

僕はキーワードスカウターSTを購入してから、記事を作るときには必ずキーワードスカウターを使ってリサーチをしています。
現役バリバリで活躍してくれているので、間違いなくおすすめしたいツールです。

もちろん、あくまでもツールなので、これだけで稼げるようになる訳ではないですが、このツールでしっかりとキーワード選定を行ったうえで、質の高いコンテンツを作っていけば、確実に上位表示が可能になるでしょう。

キーワードスカウターSTの価格

キーワードスカウターの値段は、一般的なツールと比較して、ありえないほど安価で、5378円で販売されています。

参考までに同じ会社の販売している、キーワードスカウターのPPC版に当たる「pandra2」は、29800円で販売されています。

これだけ安いのには理由があって、キーワードスカウターSTを購入後にスクールへの勧誘ページに誘導されます。
安いツールを提供して多くの人に買ってもらい、その分多くの人にスクールへ入会して貰うことで、ツールを標準価格で売るよりも多くの利益を得るマーケティング戦略という訳です。

まあ、これは入りたければ入ればいいだけなので、

その理由で安く購入できるのであればこちらとしてはありがたい限りですよね。

この値段で、キーワード選定が簡単にできるのであれば、ぜひ持っておくべきツールだと思います。

キーワードスカウターSTの特典

キーワードスカウターSTは、先ほど述べたように

  • 検索ボリュームの取得が難しい
  • データの取得に時間がかかる

といった欠点が見られるので、それらを補える特典を付けたいと思います。

特典1:2018年度版キーワードスカウターの使い方

特典1

キーワードスカウターSTは、多くの機能があって、最初はどのように使ったらいいのかわからない人もいると思います。
なので、キーワードスカウターSTのおすすめのキーワード取得法を紹介したいと思います。

この手順通りに進めていけば、無駄に大量のデータを取得して時間をかける必要もなくなりますし、検索ボリュームを簡単に取得することができます。

特典2:コピペで狙い目のキーワードを簡単にチェックできるお宝チェックシート

特典2

キーワードスカウターSTで狙い目のキーワードを見つけるには、取得したintitleとallintitleの比率から算出するのですが、
キーワードスカウターSTのデータを貼りつけるだけでキーワードの「お宝レベル」を算出してくれる、お宝チェックシートも特典に収録しています。

これを使えば、抽出したデータをそのままコピペすることで、自動で狙い目のキーワードを数値化した状態で見ることができるので、作業効率を格段に上げることが可能です。(Excelまたはスプレッドシートが使える環境が必要です。)

特典3:再配布権利付きレポート100点セット

特典3

さらに、アフィリエイトで役立つレポート100点以上をセットでプレゼントします。

再配布権付きなのでご自身で特典として配布することも可能です。

キーワードスカウターSTの購入方法

キーワードスカウターSTを特典付きで購入するには、下のリンクから販売ページへ進んでください。(注文確認画面で「いたるの特典」と表示されているのを確認してください。)

キーワードスカウターST購入方法

⇒キーワードスカウターSTの特典付き購入はこちら