ネオトレンドアフィリエイト「アラジン」は規約違反で危険?気になる所があったので調べてみた

こんにちは。いたるです。

今回は、トレンドアフィリエイトの記事が簡単に作れるトレンドアフィリエイト「アラジン」の紹介をしたいと思います。

ネオトレンドアフィリエイト「アラジン」とは?

アラジンとは、ざっくり言うと「Yahoo!のコメント欄を転載して記事を作りトレンドアフィリエイトを行う」というものです。
販売ページはこちら
http://yafuu.xyz/1yfu/

Yahoo!ニュースにはコメント機能があり、一つのニュース記事に沢山コメントがされています。

そのYahoo!ニュースのコメントを2ちゃんまとめ風の記事にすることで、簡単にトレンドアフィリエイトの記事が作れるということです。

僕がこのノウハウを初めて見たとき、

「トレンドアフィリエイトの基本がしっかり出来ていれば、この方法でアクセスを得て稼ぐことは可能だな」

と思いました。その反面

Yahoo!ニュースのコメント欄って勝手に転載して大丈夫なの??

という疑問も浮かんできました。

当然、Yahoo!を利用するにあたっては利用規約を守って利用する必要があるため、
Yahoo!ニュースのコメントを転載することが可能かどうかにつて調べてみました。

ネオトレンドアフィリエイト「アラジン」はYahoo!の規約に反するのか

アラジンが、Yahoo!の規約から見て問題がないかどうか、
Yahoo!の利用規約の一部を抜粋しました。

コミュニティーサービスに投稿などをされたコンテンツの取扱い
お客様がコミュニティーサービスに投稿などをされたコンテンツの取扱いは原則として第1章総則の定めに従いますが、複数のお客様の手によって記述、修正、削除などがなされてひとつの情報が形成されていく機能を提供しているサービスにおいては、お客様が投稿などをされたコンテンツをほかのお客様が自由に改変そのほかの利用を行うことを承認し、著作権、著作者人格権そのほかの権利を行使しないことをお客様にお約束いただいたものとみなします。

https://about.yahoo.co.jp/docs/info/terms/

この規約を根拠に、Yahoo!ニュースのコメントは自由に転載できるとの意見がありますが、
もう一つ気になる規約がこちら

当社のサービスなどの再利用の禁止
お客様が、当社のサービスやそれらを構成するデータを、当該サービスの提供目的を超えて利用した場合、当社は、それらの行為を差し止める権利ならびにそれらの行為によってお客様が得た利益相当額を請求する権利を有します

https://about.yahoo.co.jp/docs/info/terms/

Yahoo!のサービスを、サービスの提供目的を超えて利用した場合、その行為によって得た利益分の金額を請求できる、とあります。

そして「Yahoo!ニュースのコメント欄を転載して広告収入を得る」というのは、「サービスの提供目的を超えて利用した」という部分に触れるんじゃないかと思うんですよね。

コンテンツの改変やその他の利用は、あくまでYahoo!のサービスの範囲での利用、例えばYahoo!の掲示板に他人のコメントを載せてそれに対する意見を言うなどの場合に適用されるだけのように僕は感じました。

これは解釈にもよるので難しいところですが、

例えばTwitterであれば、利用者はツイートをTwitter社が利用する事に許諾する必要があり、
そのTwitter社がブログにツイートを埋め込むための機能を提供していて、
そのツイートを利用した記事で広告収入を得ることも認められているため、安心してブログにツイートを埋め込んで利用することができます。

アラジンは、Yahoo!の意図しない使い方をして広告収入を得るという点が少し心配ですね。

まとめ

ネオトレンドアフィリエイト「アラジン」は、確かに実践すればアクセスが得られ、ちゃんと稼ぐことができる仕組みだと思いますが、利用については若干の不安が残ります。
Yahoo!ニュースのコメントの利用については色々調べてみたんですけど、明確にコメント欄の転載を禁止する文言はなかったため、確実にアウトとは言えないですが、僕はちょっと利用するのが怖いのが正直なところです。

僕は何かのサービスを利用する際は、明確に利用が認められているものしか使いたくないので、今回はスルーしようと思います。

ただ、今回述べた不安点が解消されるのであれば、それなりに有益な商材だと思いますので、今回述べた点について詳しい方がいたら是非コメントしていただきたいです。

個人的には、Twitterのツイート埋め込み機能でも同様のことができるので、そちらををおすすめしたいですね。

情報発信に実績は不要!ゼロから情報起業家になる方法

自分の実績を基に情報発信をすることは、ハードルが高いように感じますが、実は誰でも簡単に情報発信をすることが可能で……