Thought Buzzテーマでツイートを抽出する方法

ツイートを抽出するには2つのwebサービスを利用します。

投稿一覧画面に行くと、TweetdeckとTwitter Publishのボタンがあるので、
クリックして2つともタブを出現させておきましょう。

まずは、こちらのTweetdeckというサイトへ行きます。

Twitterアカウントでログインします。

左の検索ボタンをクリックして、キーワードを入れてください。

試しに今回は、ちょうど話題になっていた米朝首脳会談について検索してみます。

このように検索した言葉のタイムラインが表示されます。

それでは、サイトに埋め込む用のタイムラインを作っていきます。

+ボタンを押し、

「collection」を選択します。

「create collection」を押します。

こちらの画面で、タイトルを付けます。
自分が管理しやすい名前を付けてください。
「descripton」には、特に記入は不要です。

右側に白紙の状態のタイムラインが追加されました。
このタイムラインに、記事にしたいツイートを貼り付けて行きます。

先ほど検索した「米朝首脳会談」のツイートの右下に十字マークがそれぞれあるのが分かると思います。
それをドラッグしてタイムラインに貼り付けていきます。

この調子で、記事にしたいツイートをどんどん貼りつけてタイムラインを作っていきましょう。

記事にしたいタイムラインが完成したら、次は記事に貼り付けるためのコードを生成していきます。
検索窓のすぐ右にあるタブをクリックします。


shareボタンを押します。
view on twitterを選択します。

このページのURLをコピーします。

続いて、Twitter Publishに行きます。

先ほどコピーしたURLを貼りつけます。

右側のタイムライン形式を選びます。


こちらのコードをコピーして、
タイムラインを表示させたい場所に貼り付けます。


このタイムラインをコンテンツとして最適化するために、コートを付け加えます。「a class=”twitter-timeline”」の右側にカーソルを合わせ、「ツイート」ボタンを押してコードを追加します。

これで埋め込みは完了です。

このように、簡単な作業でTiwtterのタイムラインを記事に埋め込むことができます。