(無料配布中)Twitterまとめサイトが簡単に作れるWordPressテーマを作成しました

(失敗談)Twitterまとめサイトのコンテンツが消滅してしまいました……

Twitterコンテンツ消滅

いたるです。

やらかしてしまいました。

僕が一生懸命作ったTwitterまとめサイトのコンテンツを消滅させてしまいました。

どういう事かと言いますと、
久々に過去の記事に目を通してみようと思ったら、このような状況になっていました。

何も見つかりませんでした

このように「何も見つかりませんでした」と表示されてしまっています。
数か月前までにはたくさんツイートが表示されていたのに、それがなくなってしまっているか、あっても1つ2つ程度のツイートがある程度の記事ばかりになってしまいました。

サイトに訪れた人は「なんじゃこりゃ」と思ったことでしょう……
記事を見てコンテンツ自体が無ければ当然離脱率は上がってしまい、サイトの評価に影響してしまいます。

Twitterまとめサイトのツイートの埋め込み方法に要注意

一体なぜこうなってしまったのか説明しますと、僕はTwitterまとめサイトを作る際に、
指定したキーワードに対して自動的に最新のツイートを表示するタイプの埋め込み方法を採用していました。

ただ、僕は大きなアクセスを狙うために、基本的に話題性のあるテーマを狙って記事を作っています。

なので、その時はたくさんツイートが抽出できるキーワードなわけですが、
それが何か月もたつと、誰もそのキーワードでつぶやくことがなくなって、
抽出できるキーワードがなくなってしまったということです。

上の記事で言うと、以前AKBの選挙券の欲しさにCDを対象に購入し、いらなくなったCDを不法投棄するという事件があって、「AKB 不法投棄」というキーワードでツイートを抽出したのですが、

数か月もすると、そのキーワードでツイートする人はいなくなってしまうため、ツイートが表示されてくなってしまったのです。

しかたがないので、該当する記事は削除することにしました……

Twitterまとめサイトでおすすめのツイート抽出方法

ツイートの抽出方法としては、やはりHTMLで埋め込んでツイートが勝手に更新されないようにするのがTwitterまとめサイトでは大事だと思います。
HTMLで埋め込む方法は、Twitterの公式サイトにからツイートの右上の項目で「ツイートをサイトに埋め込む」を選んで一つづつ埋め込む方法しかないですが、この方法が一番確実ですね。

※追記(2018/7/25)
僕のメルマガ登録者限定でプレゼントしてる「Thought buzzテーマ」を使うことで、一つ一つツイート埋め込むよりはるかに簡単にTwitterまとめサイトを作ることができます。
更に登録者限定の特設サイト内やメルマガ内で、Twitterまとめサイトのノウハウも公開しているので、Twitterまとめサイトを始めようと思っている方には非常におすすめです。
詳しくはこちらから↓